•  HOME > 治療 > 二重まぶた埋没法
  • 二重まぶた埋没法


    埋没法とは

    埋没法とは

    メスを使って皮膚を切らずに滅菌された専用糸で瞼に数箇所留める方法です。最小限の麻酔薬しか使用しないのであまり腫れず安心して手術を受けられます。上眼瞼挙筋と瞼の境目を糸で留めて固定するので、元に戻りにくくナチュラル二重になります。

    埋没法お勧めの理由

    二重まぶたにする方法は大きく分けて2つの方法があります。1つは皮膚を切らず糸で固定し二重にする埋没法。もう一つは二重のラインに合わせて切開を行い、縫合してラインを作り、二重まぶたを作る切開法です。
    埋没法は糸で留めて二重を作るので糸をはずしてしまえば元に戻ります。ですから、どうしても二重のラインが気に入らない時、または一重に戻したい時は糸をはずせば元通りになります。やり直す事が可能なのが最大の特徴といえます。
    切開法はメスで皮膚を切ってしましますので、元の通りには絶対に戻れません。
    こうした理由で二重を希望するなら埋没法による施術をお勧めしています。

    ドクターからのメッセージ

    最近当院の問合せに二重の再手術のご相談が届きます。
    以前の施術より時間がたっていない、施術状態が良くないといった理由で、リオペを引き受けれないことが多々あります。
    二重の手術結果に不満で、リオペをかさねる方が多くいらっしゃる事をひしひしと感じます。
    プチ整形とはいえ体に何度も負担をかけるのは良い事とはいえません。施術を価格だけで選んでいませんか?
    エルクリニックの二重治療は、カウンセリングを十分に行い、患者様と納得できる二重のラインを決定した上で行っております。
    リオペには大きなリスクが伴いますので、二重の手術は丁寧に行うクリニックで一生に一度、がよいと思います。
    ※ヨーロッパ諸国では保険が効く承認治療として有名ですが、日本国内では残念ながら未承認の治療です。その為、当院では医師の責任の下、正式に厚生労働省へ輸入許可申請を頂いた上で治療を行っております。

    施術の流れ

    1.洗顔

    2.診断・カウンセリング
    二重のラインを決めます

    矢印

    3.施術スタート
    点眼と瞼に局所麻酔を行います

    4.瞼を糸で1,2箇所留め施術終了

    矢印

    5.クーリングをし、点眼して終了

    矢印

    6.施術終了
    目の上以外はお化粧してお帰りになれます

    矢印

    7.アフターケア

    局所麻酔を行った後、まぶたの1~2箇所を医療用の糸で留め、自然なラインの二重を作ります。
    所要時間は約10分です。

    治療のリスク

    個人差はありますが、目の突っ張る感じや、ごろごろした感じが数週間続くことがあります。
    左右眼瞼挙筋(目を挙上する筋肉)の元々の収縮力の差により左右差が生じます。また、腫れている間はその左右差が強調されて出ることもあります。
    手術の結果には個人差があり、術後の傷の治り方や腫れの引き方も同様です。

    術後の経過

    お化粧は、手術部位(目)以外なら可能ですが、手術部位はなるべく1週間はお化粧しないでください。
    洗顔は本日から可能ですが、泡で汚れを落とし、タオルはソフトにあてるだけで擦らないで清潔に保ってください。
    シャワーは当日より可能ですが、本日の入浴は避けてください。
    照射直後からかさぶたがとれるまでは抗生物質の軟膏を塗布し、テープ保護をします。テープが外れた後は、肌がとても敏感になっていますので、日焼けしないように徹底してください。
    術後は眼帯などで保護する必要はありません。
    コンタクトレンズは2週間位使用しないことが望ましいです。

    料金

    このページの上部へ

    「二重まぶた」の関連ページ

    • 二重まぶた 二重まぶた
      当院では、患者様と納得できる二重のラインを決定し、確かな技術で安心の施術をご提供します。