シミ取り・しみ治療_エルクリニック

一言に『シミ』といっても、ひとりひとり悩みはさまざまです。

子供の頃からそばかすを気にしている方、年齢を重ねるにつれて浮き上がってくるシミに悩んでいる方、肌荒れ・乾燥をともなうお悩みの方など、シミを気にしている方は多くいらっしゃいます。

シミ治療も一つではありません。選択肢はたくさんあり、エルクリニックでも、光治療レーザー治療をはじめ点滴内服薬ホームケアコスメなど、多数の治療を用意しています。

患者様ひとりひとりの症状に合った最適な治療をご提案いたします。

シミってなんで出来るの?原因は?

シミとは一般的に、肌の内部で過剰に生成されたメラニンが色素沈着することによって出来るものです。

何らかの原因で皮膚再生のサイクル「ターンオーバー」が乱れてくると、生成されたメラニンが身体から上手に排出できず、沈着した色素が肌に蓄積されて色濃く浮き出てきます。

主な原因は紫外線で、紫外線をたくさん浴びることによって肌がダメージを起こします。これを光老化と言います。
光老化した肌は、皮膚のターンオーバーが低下し、メラニンを身体から排出する力が弱まり、色素沈着します。

その他にも女性ホルモンバランスの崩れや加齢、ストレス、喫煙習慣なども関係していると言われています。

タバコやストレスは、老化を促進する活性酸素を活発にし、それがメラノサイトを刺激することによってメラニンの生成を引き起こしやすくします。

また30代以降の女性に見られる肝斑は女性ホルモンのバランスが変化することによって、出来てしまうシミだと言われています。

シミの種類や見分け方について、詳しくは以下をご覧ください。

しみの原因と見分け方
シミ(そばかす・肝斑)発生のメカニズム 紫外線を浴びると、肌は細胞を紫外線から守るためにメラニンという黒褐色の色素を生成します。 シミは、生成されたメラニンが体から上手に排出できな...

シミ治療のメカニズム

①シミの元「メラニン」を破壊
シミ治療のメカニズム1 シミはメラニン(日焼けなどにより生成される体内色素)が集合している状態です。
レーザー治療や光治療で照射された熱エネルギーはメラニン色素に吸収されます。その熱エネルギーがシミの元であるメラニンを破壊します。

②かさぶたが取れシミが消える
シミ治療のメカニズム2 破壊されたメラニンは老廃物となります。老廃物は肌の新陳代謝とともに一部は皮膚表面に押し出され、かさぶたとなり数日で剥がれ落ちます。
皮膚内部ではリンパを通し排出・分解され、シミはなくなります。

▲目次に戻る

シミの治療法はどんな種類があるの?

痛みの少ない光治療

フォトフェイシャル_エルクリニック
光治療(IPL/UPL)とは、特殊な光を患部に当てて、シミ・そばかすを改善する治療方法です。
肌内部の細胞に働きかけてコラーゲン生成や新陳代謝を促進するため、シミだけでなく小じわや毛穴、ニキビ跡、キメの乱れなど、お肌の総合治療ができます。
レーザー治療と比べると痛みがマイルドでほとんどなく、肌のトラブルを起こしにくく、施術後に患部をテープやマスクで隠す必要がありません。また施術後すぐにお化粧ができます。
シミを除去したいけどレーザー治療はちょっと…とお悩みの患者様に最適です。

光治療で用いられる2種類の特殊な光 IPLとUPL

IPL インテンス・パルス・ライト(Intense Pulse Light / IPL)
複数の波長の光を同時に照射します。 光治療の先駆けである
フォトフェイシャルによるシミ治療で用いられる光です。
UPL ユーシェイプパルスライト(U-Shape Pulse Light / UPL)
薄いメラニンなどにも反応する光源として知られ、 IPLより絞られた波長のため、肝斑(かんぱん)や薄いシミや将来的にシミになるようなメラニンにも効果的です。 また、UPLの光は肌の真皮層と呼ばれる深層を刺激するため、コラーゲンが増殖され、肌質改善にも繋がります。 シミ治療において、レーザーを使わないため安全で効果の高い
フォトシルクプラスによるシミ治療で用いられます。

シミ治療に適した光治療(IPL/UPL)の特徴

光治療では、広い波長(光の長さ)の光を皮膚にあてる事で皮膚を活性化させて肌の若返りを促します。 また、コラーゲンを生成し、シミ・そばかす・くすみ・ニキビ・赤ら顔など様々な症状に効果をもたらします。

光シミ治療はメラニンや毛細血管などのトラブルがある部分のみに反応するため、素肌へのダメージを最小限におさえます。 痛みは輪ゴムで肌を弾いているような程度で、施術後すぐに化粧が可能なのも大きな特徴です。
患者様によっては、1度の施術で効果を感じる場合もありますが、一般的に3~4週間おきに5回程度治療するとより高い美肌効果を得る事ができます。

光治療のメリットとデメリット

メリット
  • メラニン色素に反応し、シミ・そばかす・くすみに効果的
  • コラーゲン生成を促し、皮膚にハリがでる
  • ニキビやニキビ跡を改善
  • 肌の透明感がUPする
  • 治療の痛みが少ない
  • 治療後すぐにお化粧可能
デメリット
  • 定期的なシミ治療のため、複数回の通院が必要

シミ光治療機器のご紹介

新宿エルクリニックではフォトシルクプラス、フォトフェイシャル、ピンポイント照射ができるスポットチップ(アキュチップ)が出来ます。

銀座エルクリニックでのIPL治療は、ヴィーナスヴェルサでの施術となります。スポットチップ(アキュチップ)は銀座院でも可能です。

レーザー治療

レーザー治療_エルクリニック

レーザー治療は、正常な皮膚を傷つけることなく、メラニン色素の部分にだけ効率よくダメージを与えることができるため、シミアザなどに短時間の治療で効果を発揮します。
複数回施術が必要な光治療に対し、1回の治療で効果が得られることが多いです。
アザタトゥーなどのあらゆる色素沈着にも対応でき、根本治療が期待できるところがメリットです。

また、気になる箇所をピンポイントで集中して治療できるので、広範囲に広がる細かいシミよりも、表面がざらざらしていたり盛り上がっているような頑固なシミをダイレクトに治療するのに適しています。

レーザー治療のメリットとデメリット

メリット
  • シミ・そばかす・アザ・刺青など、さまざまな色素沈着に対応
  • 1回の治療で効果を得られる方が多い
  • 毛穴の引き締め効果もある
デメリット
  • 種類によっては効果が得られない
  • 治療後、2~3日でかさぶたができ、1~2週間でかさぶたがとれる
  • 紫外線に当たるとシミが反応してしまい濃くなる可能性があるため、日焼け対策の必要がある

高濃度ビタミンC点滴

抗酸化作用の高い高濃度ビタミンCを点滴することで、メラニンの生成を抑制したり、乾燥や肌荒れ改善、コラーゲン生成促進、免疫力UPなど、身体の内側から様々な効果を得る目的で行います。

内服薬・化粧品

お手軽にシミ治療をしたい方のために、内服薬や化粧品などもございます。

  • ビタミンC内服
  • トラネキサム酸内服
  • シミ内服セット(ビタミンC+トラネキサム酸)
  • スキンピールバー石鹸(ハイドロキノン)など

内服薬・化粧品の料金表はこちら

光治療とレーザーの違いは?

光治療とレーザー治療の主な違いは、波長(光の長さ)とパルス幅(光の照射時間)です。

光治療
光治療は波長が短く照射時間が長いのが特徴で、さまざまな肌のお悩みを広く浅く治療できます。シミだけでなく、肌全体を整える効果が期待できるのです。
レーザーでは困難な薄いシミにも対応できます。
レーザー治療
レーザー治療は1種類の単調な長い波長で光の照射時間が短く、皮膚のより深い部分を治療できるので、 シミ治療では特に気になる箇所をスポット的に治す時に最適です。 レーザー治療の場合は、患者様によっては治療後に赤味がでたり色素沈着がでたりする場合もあります。

▲目次に戻る

シミ取り治療の症例写真

フォトシルクプラス《顔全体のあらゆるシミ・そばかすの改善例》

診断
患者様は30代女性。初回診断にて両頬を中心に雀卵斑、それに付随し老人性色素斑も交じり、総合的な色素系トラブルを抱えた症例と診断しました。
治療方針
当院ではIPL治療(フォトシルクプラス)が適格と考え、5回の施術で治療経過を見ることとした。
同時にトラネキサム酸とビタミンCを処方し自宅でのフォロー治療とした。
施術料金
¥26,000~160,000(税抜)

右側面

シミ治療モニター1

左側面

シミ治療モニター1-2

結果
患者様はかなり治療結果には満足してますが、顔全部の色素が全て取れてはいないので、間隔を置いて治療を再度開始することとなった。

その他のシミ治療の症例写真はこちら
他治療の症例写真はこちら

シミ取り治療はエルクリニックで

ドクターからのメッセージ_エルクリニック
美容皮膚科エルクリニックはメスを使わない美容医療という考え方で開院致しました。おかげさまで、20年近く、多くのお客様にご支持をいただいています。皆様のお悩みに寄り添い、治療の前にしっかりとカウンセリング、提案を行っています。
お客様の満足のいく治療のために、スタッフ一同、誠心誠意努めさせていただいております。症状、ご予算、治療期間など、お気軽にお問合せください。
カウンセリング予約はこちらから

▲目次に戻る

シミ治療(そばかす・かんぱん)Q&A

質問をクリックすると答えが表示されます。

シミ取りのレーザーは1回でとれますか?
基本的には1度で取れますが、その後のケアが大切で、保湿や刺激、紫外線には十分に行う必要があります。 照射から6ヶ月くらいは炎症性の変化が現れるので、美白剤(塗り薬や飲み薬)の併用などが必要な場合があります。 6ヶ月を過ぎても薄く残っている場合には、再度レーザー照射を行う場合があります。
レーザー治療のリスクはありませんか?
やけどや感染などが稀に起こることがあります。 レーザー照射後は医師の指示に従ってください。
レーザー治療の痛みはありませんか?
強くありませんが、軽度な痛みがあります。
肝斑(かんぱん)とシミの違いを教えてください。
肝斑(かんぱん)は一般的に、顔面の頬骨部、前額、眉毛上などに左右対称にあり、境界が不明瞭な地図状の褐色斑なのが特徴です。シミと思っていても母斑(アザ)であったり、非常に稀ですが、悪性腫瘍の場合もあるので、自己判断せず病院に相談に行きましょう。多くの場合は肝斑(かんぱん)と日焼けによるシミ・母斑(アザ)が混在していることがあるので、治療経過によって細かい判断を行います。 飲み薬や塗り薬の併用を途中から開始するのも効果的です。
治療をした当日は、何か気をつけることはありますか?
創部に対して保護が必要になります。 塗り薬と茶色テープで照射部分の保護をしてください。
男性でも治療を受けられますか?
もちろん行えます。最近では男性の患者様が増えてきています。
シミ治療は保険が使えますか?
保険診療の適応ではありませんので、自費診療になります。
首や手などのシミも治療ができますか?
お顔以外の部位の治療も行えます。
治療機器による効果の違いってあるのですか?
フラッシュランプ系の治療機はマイルドなので、複数回の治療が必要になります。レーザー治療(Q-YAG)は、基本的に1回の治療で終わります。数が多いシミの場合は全体的にフォトフェイシャルを行い、どうしても気になる部分だけレーザーを行う方が多いです。逆に1つだけシミが気になる方は、レーザー治療を希望される場合が多いです。
施術は何分くらいかかりますか?
照射面積によりますが、照射している時間は1~2分です。
なぜレーザーでシミがとれるのですか?
光治療やレーザー治療は、メラニンを含んだ細胞を破壊させます。 特に、レーザー治療は照射後のケア、美白剤(塗り薬や飲み薬)と併用することにより効果が発揮されます。
肌が弱いのですが、シミ治療をうけることはできますか?
基本的には問題はありません。皮膚の状態に合わせた、シミ治療を行うことが出来ますので、まずは医師にご相談ください。

シミ取り治療の関連動画

▲目次に戻る

予約ボタン
予約ボタン