•  HOME > 治療 > シミ治療なら痛みの少ないIPL
  • シミ治療なら痛みの少ないIPL

    シミ治療なら痛みの少ないIPL

    ▲目次に戻る

    シミ治療のご案内(悩み別)

    患者様のお悩み・症状に合ったシミ治療についてご紹介いたします。
    美容皮膚科エルクリニックには男女年齢問わず、日々シミでお悩みの患者様が来院されております。
    顔のシミにお悩みの方は是非、当院のシミ治療をご検討ください。
    ※当院のシミ治療は自由診療ですので保険適用外です

    患者様の中にはそばかす・肝斑・くすみ等の区別がつきにくいとおっしゃる方も多い為、
    本シミ治療ページでまとめて説明しております。

    ▲目次に戻る

    顔のシミ治療には痛みの少ないIPL

    シミ治療(IPL)イメージ画像

    光治療(IPL)とは、特殊な光を患部に当てて、シミ・そばかすを改善する治療方法です。

    レーザー治療とは異なり、痛みがほとんどなく、火傷を起こしにくいです。

    光治療は、施術後に患部をテープやマスクで隠す必要がありません。すぐにお化粧ができます。

    シミを取りたいけどレーザー治療はちょっと…とお悩みの患者様におすすめです。

    ※特殊な光とは、インテンス・パルス・ライト(Intense Pulsed Light / IPL)といいます。複数の波長の光を同時に照射します。

    シミ治療に適したIPLの特徴

    IPLは広い波長(光の長さ)の光を皮膚にあてる事で皮膚が活性化して肌の若返りを促します
    また、コラーゲンを生成し、シミ・そばかす・くすみ・ニキビ・赤ら顔など様々な症状に総合的に効果をもたらします。

    IPLはメラニンや毛細血管などのトラブルの部分のみに反応するため、素肌へのダメージを最小限におさえます。
    痛みは輪ゴムで肌を弾いているような程度で、施術後すぐに化粧が可能なのも大きな特徴です。

    患者様によっては、1度の施術で効果を感じる場合もありますが、一般的に3~4週間おきに5回程度治療するとより高い美肌効果を得る事ができます。

    IPLとレーザー治療の違い

    レーザー治療は1種類の単調な波長で光の照射時間が短く皮膚のより深い部分を治療する方法です。
    シミ治療では特に気になる箇所をスポット的に治す時におすすめさせていただいております。
    レーザー治療の場合は、患者様によっては治療後に赤味がでたり色素沈着がでたりする場合もあります。

    IPLのメリット・デメリット

    メリット

    • シミ治療に対する効果が高い
    • 美肌効果がある
    • 施術後痛みが少ない
    • 治療後すぐにお化粧可能

    デメリット

    • 定期的な治療のため、複数回の通院が必要

    シミ治療機のご紹介

    エルクリニックでは、以下の光治療機を使用しています。

    ▲目次に戻る

    フォトシルクプラスはそばかす・肝斑にも

    シミ治療(肝斑)フォトシルクプラスイメージ画像

    シミ治療機フォトシルクプラスのポイント

    • メラニン色素に反応しシミ、そばかす、くすみを治療
    • コラーゲンを増やして皮膚にハリがでる
    • ニキビやニキビ跡を改善

    フォトシルクプラスはシミ治療のほか、くすみ肌質改善とともにニキビ、毛穴の開き産毛などにも効果があります。
    なかなか薄くならないシミの治療やくすみの解消、シミの発生を予防する事も可能です。
    回数を重ねるごとに肌のトーンがあがり毛穴をひきしめエイジングケアにも最適です。

    フォトシルクプラス治療の詳細はこちら

    フォトシルクプラス治療のメリット・デメリット

    メリット

    • シミ、肝斑、赤ら顔、たるみなど、幅広く効果がある
    • 短時間で治療による痛みは少なく、すぐにメイク可能
    • シミ治療後、一週間ほどで患部がかさぶたになってはがれる

    デメリット

    • シミの症状によっては繰り返し治療を行う必要がある
    • 日焼けしている方の照射(治療)は難しい
    • ひどいニキビの肌にはこれだけの治療は難しい
    • 肝斑が濃い方にフォトシルクプラス治療は難しい

    新宿院のシミ治療フォトシルクプラスの詳細

    フォトシルクプラスのシミ・そばかす・肝斑治療について詳しくはこちら
    フォトシルクプラスは新宿院で治療可能です。

    ※エルクリニックでは、肝斑(シミ)にお悩みの方にフォトシルクプラスと内服薬がセットになった肝斑治療コースをおすすめしています。

    美容皮膚科エルクリニックの肝斑治療について

    エルクリニックドクター顔写真

    最近飲み薬のCMでもよく耳にしますが、肝斑というシミがあります。

    肝斑ができる原因は、まだ詳しくは解明されてはいませんが、女性ホルモンの影響、洗顔や化粧によって引き起こされる摩擦が原因となる慢性の炎症、紫外線の影響などと言われています。

    当院では、光治療と内服薬・院内調合の塗り薬を併用することで、効果を得られている患者様が多くいらっしゃいます。

    フォトシルクプラスの肝斑治療コースの料金はこちら
    ▲目次に戻る

    目立つシミそばかす治療にはYAGレーザー

    シミ治療だけでなく、そばかすやあざにも対応したQスイッチYAGレーザーイメージ画像

    QスイッチYAGレーザーは、人気の高いシミ治療のひとつで、肌への負担が少ないのが特徴です

    QスイッチYAGレーザーは、10億分の数秒という、短時間でレーザーをあてる施術です。正常な皮膚を傷つけることなく、シミ、アザなどに効果を発揮します。効光治療では反応しないシミ、ほくろ、アザ、タトゥーなどに有効です。
    QスイッチYAGレーザーのシミ治療について詳しくはこちら

    QスイッチYAGレーザーによるシミ治療のメリット・デメリット

    メリット

    • シミ、そばかす、アザ、刺青など、さまざまな色素沈着に対応
    • 1回で効果を得られる方が多い
    • 毛穴の引き締め効果もある

    デメリット

    • 種類によっては効果が得られない 
    • 施術後、2、3日でかさぶたができ、1、2週間でかさぶたがとれる
    • 紫外線に当たるとしみが反応してしまい濃くなる可能性があるため、日焼けを避ける必要があるQスイッチYAGレーザーは、10億分の数秒という、短時間でレーザーをあてる施術です。
    • 正常な皮膚を傷つけることなく、メラニン色素の部分にだけ効率よくダメージを与えることができるため、シミ、アザなどに短時間の治療で効果を発揮します。

    QスイッチYAGレーザーのシミ治療について詳しくはこちら

    QスイッチYAGレーザーは新宿院で施術可能です。
    ▲目次に戻る

    背中のシミ治療コースもご用意

    背中のシミにお悩みではありませんか?

    このような肌トラブルを光治療・フォトシルクプラスで治療できます。

    • 日焼け後に背中にシミができる
    • 背中にしみができないように予防したい
    • ニキビ跡、黒ずみが気になる
    • きれいなツヤのある背中にしたい方は是非ご相談ください。

    エルクリニックでは、背中のシミにお悩みの方のために、フォトシルクプラスを使った背中のシミ治療コース(新宿院のみ)をご用意してあります。

    フォトシルクプラスなどの光治療(IPL)は、広範囲に広がるシミやそばかすを薄くするのに向いています。背中のシミを薄くしたい・消したい方におすすめです。

    フォトシルクプラス・背中のシミ治療コースの料金はこちら

    ▲目次に戻る

    当院のシミ治療について

    銀座・新宿にある美容皮膚科エルクリニックはメスを使わない美容医療という考え方で開院致しました。おかげさまで、10数年、多くのお客様にご支持をいただいています。
    皆様のお悩みに寄り添い、治療の前にしっかりとカウンセリング、提案を行っています。
    お客様の満足のいく治療のために、スタッフ一同、誠心誠意努めさせていただいております。
    症状、ご予算、治療期間など、お気軽にお問合せください。

    シミ治療のカウンセリング予約はこちらから

    エルクリニック受付イメージ画像

    ▲目次に戻る

    シミ治療(そばかす・肝斑)Q&A

    質問をクリックすると答えが表示されます。

    シミとりのレーザーは1回でとれますか?
    基本的には1度で取れますが、その後のケアが大切で、保湿や刺激、紫外線には十分に行う必要があります。 照射から6ヶ月くらいは炎症性の変化が現れるので、美白剤(塗り薬や飲み薬)の併用などが必要な場合があります。 6ヶ月を過ぎても薄く残っている場合には、再度レーザー照射を行う場合があります。
    レーザー治療のリスクはありませんか?
    やけどや感染などが稀に起こることがあります。 レーザー照射後は医師の指示に従ってください。
    レーザー治療の痛みはありませんか?
    強くありませんが、軽度な痛みがあります。
    肝斑とシミの見分け方を教えてください。
    肝斑は一般的に、顔面の頬骨部、前額、眉毛上などに左右対称にあり、境界が不明瞭な地図状の褐色斑なのが特徴です。シミと思っていても母斑(アザ)であったり、非常に稀ですが、悪性腫瘍の場合もあるので、自己判断せず病院に相談に行きましょう。多くの場合は肝斑と日焼けによるシミ・母斑(アザ)が混在していることがあるので、治療経過によって細かい判断を行います。 飲み薬や塗り薬の併用を途中から開始するのも効果的です。
    治療をした当日は、何か気をつけることはありますか?
    創部に対して保護が必要になります。 塗り薬と茶色テープで照射部分の保護をしてください。
    男性でも、シミ治療ができますか?
    もちろん行えます。最近はイボをシミだと思って来院される方が増えてきています。
    シミ治療は保険が使えますか?
    保険診療の適応ではありませんので、自費診療になります。
    首や手などのシミも治療ができますか?
    行えます。お顔以外の部位の治療も行えます。
    シミの治療機器による、効果の違いってあるのですか?
    フラッシュランプ系の治療機はマイルドなので、複数回の治療が必要になります。
    レーザー治療(Q-YAG)は、基本的に1回の治療で終わります。
    数が多いシミの場合は全体的にフォトフェイシャルを行い、どうしても気になる部分だけレーザーを行う方が多いです。逆に1つだけシミが気になる方は、レーザー治療を希望される場合が多いです。
    シミの施術は何分くらいかかりますか?
    照射面積によりますが、照射している時間は1~2分です。
    なぜレーザーでシミがとれるのですか?
    IPLやレーザー治療は、メラニンを含んだ細胞を破壊させます。 特に、レーザー治療は照射後のケア、美白剤(塗り薬や飲み薬)と併用することにより効果が発揮されます。
    肌が弱いのですが、シミ治療をうけることはできますか?
    基本的には問題はありません。皮膚の状態に合わせた、シミ治療を行うことが出来ますので、まずは医師にご相談ください。

    ▲目次に戻る

    シミ(そばかす・肝斑)について学ぶ

    お悩みのシミはどれ?シミの種類について

    女性の悩みのひとつにシミ・そばかすがあります。

    シミとは皮膚内で作られるメラニンという色素が沈着したものです。

    シミ・そばかすの原因は、ニキビ跡の炎症、紫外線、加齢などさまざまです。

    シミの種類もたくさんあります。

    症状にあった、シミ・そばかす・肝斑の治療が大切です。
    年月が経過すると、シミがとれにくくなるので早めの治療が大切です。

    老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

    シミの種類「老人性色素斑」(ろうじんせいしきそはん)

    別名「日光性色素斑」や「日光黒子」とも呼ばれます。顔や手の甲、背中などにできるほぼ円形で茶褐色のシミです。
    主に紫外線による光老化や皮膚の老化によって新陳代謝が衰えることが原因です。悪化すると…

    続きを読む≫

    施術方法

    QスイッチYAGレーザー フォトフェイシャル フォトシルク

    脂漏性角化症(老人性いぼ)

    シミの種類「脂漏性角化症」

    一般的には「年寄りいぼ」「老人性いぼ」とも言われる腫瘍です。
    老人性色素斑より色素が黒く、顔、頭部、胴体など全身どこにでもできます。加齢するにつれ、紫外線を多く浴びてきた皮膚が老化し、発生する皮膚疾患です。触感は…

    続きを読む≫

    施術方法

    QスイッチYAGレーザー フォトフェイシャル フォトシルク

    肝斑

    シミの種類「肝斑(かんぱん)」

    30~40代の女性に多く、主に目の下と両頬骨に沿ってあらわれる左右対称の茶色い色素斑。原因は様々で、妊娠や婦人科疾患などホルモンバランス、精神的なストレスや生活習慣(カフェイン過剰摂取、睡眠不足など)…

    続きを読む≫

    施術方法

    フォトフェイシャル フォトシルク

    ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

    シミの種類「ADM」(後天性真皮メラノサイトーシス)

    ADMとはAcquired Dermal Melanocytosisの略語であり、日本語名は後天性真皮メラノサイトーシスといいます。遅発性太田母斑様色素斑とも呼ばれます。思春期ごろから両側の頬骨のところを中心に…

    続きを読む≫

    施術方法

    QスイッチYAGレーザー

    色素沈着(炎症性色素沈着)

    シミの種類「色素沈着」(炎症性色素沈着)

    皮膚の炎症性色素沈着とはニキビ痕、けが、やけど、湿疹などの炎症が治療した後に茶色っぽく残ってしまう状態のことを言います。その他、日焼けや化粧かぶれ、肌に合わない化粧品の使用、ムダ毛の処理の際の剃刀負けが皮膚の炎症を起こし…

    続きを読む≫

    雀卵斑(じゃくらんはん)

    シミの種類「雀卵斑」(じゃくらんはん)

    「ソバカス」といわれる類円系の小色素斑。主に顔の目の下に現れます。幼児期~思春期に現れることが多く、原因としては他のシミ同様、肌の代謝が低下することにより…

    続きを読む≫

    施術方法

    QスイッチYAGレーザー  フォトフェイシャル  フォトシルク

    ▲目次に戻る

    シミ治療のメカニズム

    シミ治療のメカニズム1シミ治療のメカニズム2

    シミ治療のメカニズム3シミ治療のメカニズム4

    エルクリニックのシミ治療が選ばれる4つの理由

    銀座院のアクセス

    新宿院のアクセス

    このページの上部へ